東サラ2018年募集動画!!

動画でキター。
カミングスン動画かと思って飛ばそうと思ったら11分もあるじゃありませんか。
仕事が終わっていい気分の時にさらにテンション上がりますね。

早速感想。
①スピルバーグ祭りじゃなかった!(歓喜)
②ディープそこまで値上がりしてない!
③外国産馬2頭!!!!(超歓喜)
④なんか・・・全体的に高くないか
⑤タートルボウル牝が135,000!! これは罠か!ヒントか!

てな感じですねー。
まず①から。
昨年東サラに入会しましたが、その時は山本オーナーの存在は知りませんでした。
で、ああペルーサとかスピルバーグの人ね。と。
あーあ、様子見ができるから東サラに入ったのに、スピルバーグ祭りかよーと思っていたのですがそうじゃなかった!ありがとう東サラ!

②はディープについて。意外とお手頃価格と言いますか。
今年はディープにいく金はないかと思いきや、行けそうな馬も。特にレッドファンタジアは今年のセレブレイションキャットさんと同価格。姉が走ってますし、馬体が良ければ要検討ですね!
エリモピクシーさんは1億の価値がある馬だと思いますが、私は特に思い入れもないのでパスする予定。

③は外国産馬!これは一番嬉しいです!!
私が競馬を身始めた頃は、タイキシャトル・シーキングザパール・グラスワンダー・エルコンドルパサーなど外国産馬全盛期。外国産馬=反則ってぐらいのイメージでした。
しかも日本の相性抜群のフランケルと凱旋門賞馬のゴールデンホーン。こんな素晴らしいことがありますか。
確実にどちらかは行きますね、もしかしたら両方行きたい。

④は・・・ん?なんか高くない?って感じました。
エピファネイアが10万、ジャスタウェイが9万ですか。でも5万前後の馬も多いのでこの辺から選んでいきたいです。

⑤はほぼ全員が思ったのではないでしょうか。
うーん、馬体を見ないとなんとも言えないですが。キンカメよりタートルボウルが高いクラブ。
走ったら大賞賛ですが、走らなかったら伝説のネタとなりそうです。真の相馬眼が問われています。。。

あとは初年度牝馬が多いですね!これはなかなか楽しみな点。
実績のある牝馬はエリモピクシー、アドマイヤリッチ、ラグジャリーあたりですかね。
オルフェーブル産駒も楽しみですし、カタログ到着を楽しみに待つことにします!

動画力入れすぎ!!BGMいいね!
スポンサーサイト

今年狙ってる種牡馬

現2歳馬は自分の中でケリがついたので次の募集に向けて。
ディープ・キンカメ・ハーツと10代後半に差し掛かり、そろそろこれらの馬はピーク過ぎたかなって感じてます。

東サラで募集されるかは知りませんが、狙いたい馬をピックアップ。
・ハービンジャー。ただしサンデー入ってる、ダンジグのクロスあればベスト。
・ロードカナロア。絶対価格上がっていくので今年までが狙い目か。距離適性的に牝馬。
・エピファネイア。ちょっとパワータイプなので、短距離系の母系とか良さそうなイメージ。母父キンカメとか。
・キズナ。ディープの後継はこれでしょう。アメリカ血統とかあいそう。フォーティナイナーとか。
・グランプリボス。募集されないかなあ。ナスルーラ直系好きです。
・オルフェーブル。母系ミスプロがよさげ。

そんなとこですかねえ。
あとは馬体。背中とトモ。これさえ見とけば大外れはないかと。
喉なりで痛い目見たので、どんな馬が喉なりなるかこれから勉強します。

改めてポチった馬まとめ

今日はいつもよりポエム調です。

まず一ヶ月前まで一番期待していた馬
レッドガニアン(セレブレイションキャット16)
私が東サラのカタログを請求したのは12月。その時点で売れ残っている馬をチェックしまくりました。
当時は馬体の見方が分かっておらず(今分かっているかは不明)血統重視。あとは厩舎もチェックしましたが東サラの馬ってみんないい厩舎だから差がつかず。
せっかくなんでディープかなーってところで注目したのがこの馬。
母父ストームキャットは有名なニックスですし、全兄のレースも悪く無い。
全兄と馬体を比較しても、少なくとも劣っていることはなく、割と迷わず決まりました。
3月ぐらいまではトモが薄い、気性が荒いという評判でしたが春になるとトモも普通の馬レベルになり、気性も改善気配、馬体も480キロぐらいになりとても順調にきていました。
が、、、いきなりの喉なり宣告。手術は成功したようですが果たして。。。
デビューが楽しみでもあり不安でもある状況です。

次は
レッドルーナ(エリザベスムーン16)
こちらは深く考えず、小島茂之厩舎という点のみで出資。
価格は最安値の2万円。血統は父シンボリクリスエス。母系は重賞勝ちのエリザベスローズが祖母でサンデーも入ってるし悪くは無いはず。
馬体もクリスエス産駒らしくまずまずのサイズ。5月末の更新では460キロ越え。
疲れが溜まりやすいらしいですが、ここまで大きな頓挫はなくきています。
なんとか3歳夏までに一勝し、芝ダート問わず末永く活躍して欲しいところ。

最後に
レッドクーゲル(アルレシャ16)
3月ごろにもう一頭欲しいなーと思いだし、様子見し続けている馬。
次の更新で特に問題がなければポチる予定です。
募集時の立ち姿は頭の位置も低く背中もなだらかで好みのタイプでは無いのですが、春になり急上昇!
走っている動画を見ても口向きがよく手前変換も上手。
いかにもバネのありそうな感じで正直東サラ募集馬の中では一番好きな走り方です。
母親の産駒実績からまだ売れ残っていると思いますが、この馬はやると思います。日経新春杯かアルゼンチン共和国杯あたりを走っている姿が想像できます。期待しすぎでしょうか。
古馬になってからよくなる馬な気がするので気長に楽しませて欲しいです。

という今年のラインナップ。
この半年でいろんな馬体を見てきたので、1歳馬募集ではそれを生かしたいところ。

今更ダービー回顧

日曜は3万円負けました。
ちょうどレッドエルザとアルレシャの馬代金差なので、アルレシャで行けってことですね。

そんなことは置いといて、ダービー回顧。
基本穴党の私としては、人気馬にそれぞれ不安があり、楽しみなレースでした。

焦点はダノンプレミアムの取捨だったと思います。
朝日杯の圧倒的な強さから、ダービーまではこの馬で間違い無いと思ったもんです。
ただ、ひと頓挫あり距離不安もある中で迷ってしまうのも当然です。

なんだかんだで初志貫徹が好きな私はダノンプレミアム本命で勝負。
相手は皐月賞で儲けさせてもらったジェネラーレウーノ。
あとは高速馬場ということでステイゴールド2機と先行型のエポカドーロと大器の片鱗するゴーフォザサミットで勝負。

ブラストワンピースはハービンジャーと厩舎が不安、さらに+10キロで完全に消し。
キタノコマンドールとステルヴィオは後方だとアウト、あとDMMなので外し。
ワグネリアンは騎手と枠で外しました。

結果は案の定です。ワグネリアンが前につけるとは。。。キタノならやりそうだと思いましたが。福永ジョッキーには心から祝福です。
ダノンプレミアムは案外でした。やはり順調に来ていないとダービーは勝負にならないですね。
エタリオウはレッドエクシードさんと走ってたので注目していましたがやはりきました。

来年への反省は・・・・・
やっぱりサンデー系
順調なローテーションと皐月賞1番人気馬
プリンシパルステークス侮るなかれ

といったところです。
ワグネリアン、ケイアイノーテックとまだまだディープ健在です。

キャンセル募集

いやー資格の勉強とか色々やっているうちに更新をサボっていました。
まあ誰もこんなブログ気にしていないと思いますが。

と言いつつ今週は東サラサイトを結構見まくっていました。
理由はそう、キャンセル募集。

とりあえず全頭チェック。
ターゲットはレッドエルザかレッドリシェールか。

迷ったんですが、レッドリシェールは馬格がないかなあという理由で却下。
というわけで突撃するならレッドエルザ。
今年の募集ではディープ産駒の価格が1,000万は上がるだろうというのも後押しに。
牝馬で440キロなら許容範囲でしょう。

しかし困ったことに、アルレシャも様子見しているのでした。
セレブレイションキャットさんがピンチな状況なので、2頭突撃するのは難しい。経済的に。

うーむ。
とりあえず当たるかどうか分からないし、レッドエルザ突撃するか。。。とか思いましたが。
2頭を比較したらやっぱりアルレシャの方が好み。

というわけで、キャンセル募集に突撃しないことを宣言するためだけにブログ更新しました。
もしこれで来週レッドエルザに行ってたら、優柔不断っぷりがハンパない。。。
万が一日曜の競馬で軍資金溜まったら考えよう。。。

他にもダービーの感想とか東サラの謎動画とか書きたいのですがまた後日。
プロフィール

YS

Author:YS
馬好きです。
2017/12/7より一口馬主開始。東サラ一口会員。競馬のこともつぶやきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR